カロリナ酵素プラスの成分と副作用

カロリナ,副作用

 

カロリナ酵素プラスは、雑誌などでも掲載されており、幅広い年代の人が服用をしているダイエットサプリメントです。

 

服用をしてみたいけれど、副作用などがないか知っておきたい人が増えています。

 

カロリナ,副作用

カロリナ酵素プラスは、脂肪の吸収を抑える働きのある成分が含まれていますが、
この成分は欧米諸国では医療の分野でも使用されているので、安全性に優れており、副作用の心配はほとんどありません。

 

ただし、どんな成分でも摂りすぎれば毒になることもあります。
カロリナ酵素プラスも一日の摂取量を守り、一気に飲みすぎないようにすることをオススメします。
(サプリメントアドバイザー)

カロリナ酵素プラス 原材料名

ガルニシアカンボジアエキス末、キトサン、ビール酵母、アカシア食物繊維、グァガム、イナゴ豆エキス末、野草発酵エキス末、サラシアエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、藍藻エキス末、ザクロエキス末、ゼラチン、コハク酸、ステアリン酸カルシウム、β-カロテン、(原材料の一部にえび、大豆、りんご、やまいも、ゼラチンを含む)

 

カロリナ酵素プラスの有効成分としては、
主にガーシトリン、リポサンウルトラ、レプチコアを高配合してあります。
では、これらの成分に本当に副作用はないのでしょうか?

 

ガーシトリン

ガーシトリンとはガルシニアカンボジア抽出物から作られた特許成分で、摂取することにより満腹感を感じることができるため食べ過ぎを防ぐことができます。
さらに体内を活性化をサポートすることで、エネルギー生成を促すことができます。

 

レプチコア

レプチコアとは体内でのリズムを向上させることで、恋愛中のようなボディメイク力を高めること成分です。

 

リポサンウルトラ

リポサンウルトラとは油を吸着することで体内での吸収を抑制し、体外への排出を促すことができる成分です。

 

このリポサンウルトラは、エビの殻から抽出した成分ですから、エビアレルギーの方は要注意です。

 

他にもアレルゲン成分としては、りんご、大豆、やまいも、ゼラチンがありますので、アレルギーをお持ちの方は注意して下さい。

 

野菜発酵エキス

カロリナ酵素プラスには、ヨモギ、ドクダミ、ウコンなどの野草63種類
ミカン、パイナップルなどの果実10種類
コンブ、フノリの海藻2種類
ニンジン、パセリなどの野菜9種類

 

合計84種類の植物などに砂糖、甜菜糖、オリゴ糖、はちみつ、黒砂糖を加えて発酵・熟成させた野菜発酵エキスが配合されています。
この豊富な栄養素が、体内酵素の働きを助け、整腸作用を促してくれます。

 

カロリナ酵素プラスに整腸作用があるということは、摂りすぎた場合は下痢や腹痛を起こす可能性があります。

 

現に、酵素ドリンクを飲んだらトイレが近くなって苦労したという話はよく聞きます。
カロリナ酵素プラスはドリンクタイプではないので、いきなりトイレが近くなるというような事は考えにくいですが、
溜まっていた分が一気に出てくると、通勤電車などで困ることもあるかもしれません。

 

しかし、便秘の解消はダイエットの第一歩ですから、こちらは副作用というより効果と言うべきですね。

 

カロリナ酵素プラスでダイエット

カロリナ酵素プラスは摂取量を守れば副作用なく安全

カロリナ酵素プラスの成分は、ホルモンに働きかけて、優れた脂肪燃焼効果が期待できるので、ダイエットに役立てたい人には最適な商品です。
カロリナ酵素プラスは、農薬や化学肥料は使わない「有機JAS認定」、食品の製造・加工での衛生管理をしっかりする「HACCP」、薬事法に基づいた「GMP基準認定」も受けてます。
安全性の高い成分のみで作られていサプリなのです。

 

ただし、カロリナ酵素プラスを服用する時は、決められた分量をきちんと守ることが大事です。
年齢を重ねて太りやすくなったと感じている人や、代謝をアップさせたい人に高い人気があります。

 

酵素は人体に欠かせない成分なので、カロリナ酵素プラスで補うと良いでしょう。
モデルなどの著名人にも高い人気があるので、安心して購入できます♪


カロリナ酵素プラスの詳細・購入は公式サイトでどうぞ♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

カロリナ酵素プラス

>>【カロリナ酵素プラス】公式サイト<<

クリックしても公式サイトに移動しない場合は、既にキャンペーン終了となっています。